教育に関するポリシー(医科学専攻)

ディプロマ・ポリシー  カリキュラム・ポリシー  アドミッション・ポリシー      ◆ 医科学専攻について

 

ディプロマ・ポリシー

1.自然科学と人文社会科学の融合分野である医科学について、総合的な専門知識を修得するとともに、代表的な研究方法論を

  理解する。
2.身につけた専門的知識を活用して、医科学に関する諸問題を抽出し、自らの研究課題とその研究計画を主体的に立案でき

  る。
3.医科学研究に対する多様な社会的要求に配慮しながら、最新の研究成果および専門知識の応用を通じた知的社会貢献ができ

  る。
4.医科学関連の高度に専門的な研究ないし業務を遂行できる。専門知識ならびに自他の研究成果を研究者のみならず一般人に

  も平明かつ論理的に説明できる。
 

カリキュラム・ポリシー

 医科学専攻では、その設置理念・目的に基づき、次のようなカリキュラムを組み立てる。
1.必修科目には、人体の構造と機能、主な疾患の原因と発生機序について概説する基礎医学関連の科目を中心に配するととも

  に、より実践的な臨床医学関連の科目も含める。医科学の学際的性質を考慮し、社会医学および医学倫理の科目も必修とす

  る。さらに、英語文献の理解力が医科学研究において必須であることから、医学英語も必修科目とする。これらの科目の履

  修により、医科学の専門知識と方法論の原理を修得する。
2.所属研究室の教員等の直接指導によって行われる医科学演習と医科学特別研究は必修である。医科学演習では研究室の主宰

  するセミナーなどに参加し、最新の研究動向と研究方法論について理解を深める。医科学特別研究では、指導教員とともに

  研究課題を設定し、実際に実験研究を進める。学位の取得には、研究成果をまとめた論文の作成と論文内容の口頭発表が義

  務付けられている。これらの科目の履修により、研究を遂行する能力と研究発表の技能を身につける。
3.選択科目としては、医科学コース専門科目と情報医科学コース専門科目及び環境保健学コース専門科目に分類された生命科

  学分野から人文社会科学分野にわたる多彩な医学関連科目が準備される。所属コースならびに個々の必要性と興味に応じ

  て、より高度な専門知識を修得する。
4.その他、医科学の学際性を考慮し、準専攻履修ないし副専攻履修として医科学専攻以外で開講される科目を履修する機会が

  与えられる。
5.職業を有する学生に対しては、個別の事情に配慮し、柔軟な教育体制を敷く。

アドミッション・ポリシー

 医科学専攻では、医科学に関連する自然科学ないし人文社会科学分野について学士課程修了相当の基礎的な知識と文献読解力を有しており、既得の基礎知識をもとに医科学のトピックスの概要を理解し自らの研究課題を提案でき、自らの興味について口頭や文章によって簡潔かつ論理的に伝えることができる人材を求める。

 

■医科学コース

専門的な医科学の知識と経験を活かし、医療関連の研究教育施設、企業、病院などにおいて指導的な貢献を果たす意欲を身につける。

 

■情報医科学コース

電子化医療データの専門的な解析手法を駆使し、医療関連の研究教育施設、企業、病院などの情報部門において指導的な活動を展開する意欲を身につける。

 

■環境保健学コース

環境に起因する疾病の予防、診断、治療に関する専門的知識、技能を活用して、研究、実務、公衆衛生行政、国際保健において指導的貢献を果たす意欲を身につける。または、疫学に関する専門知識を臨床研究の実務に指導的貢献を果たす意欲を身につける。

 

 

教育情報の公表

AED設置場所