男女共同参画推進室 >女性研究者研究活動支援事業(連携型)一覧 >女性研究者研究活動支援事業(連携型)詳細

 

女性研究者研究活動支援事業(連携型)

グレードアップ!英語論文〜四国から世界へ羽ばたこう〜を開催しました


 平成26年12月17日に男女共同参画推進室ではカクタス・コミュニケーションズ株式会社の協力により、ミリンダ・ハル先生をお招きして「グレードアップ!英語論文」セミナーを開催し、64人の参加者を得ることができました。このセミナーは、博士課程の授業科目「DCセミナー」として開講したので、多数の大学院生の受講がありました。

 ハル先生は長年日本人に英語論文を指導してきた経験から、日本人が陥りやすい英語の誤りについてお話されました。日本人には気づかない視点からの指摘が多くなされて、体系立てて英語論文の書き方を学ぶことができました。
 英語論文を書く前に必要な準備と心構えとしては、参考文献や参考論文が紹介されました。英語の表記法から、パラグラフと文の構成、論文の問題設定と結論の持って行き方まで、これまで論文を書いたことの無い学生にも、例文を用いて分かりやすく説明されました。
 日本語と英語とは語順が違うことから、日本人は「日本語的な英語」を書いてしまいがちです。しかし、英語はそもそも日本語と構造が異なるという「意識の転換」を図ることが、今回の講演の目的です。日本人研究者の英語論文を用いた事例研究では、実際に「日本語的な英語」を英語に直す作業が行われました。このために、日本人の書く論文にありがちなクセや誤りを、受講者は理解することができました。


参加者からの感想

  • わかりやすかったです。具体的に添削していただければ、なおうれしいです(がんばれます)。

  • 具体例が豊富でわかりやすかったです。

  • 今後、論文を書くにあたり、とても参考になりました。

  • 具体的に英語論文を見ながら、日本人の陥りやすい悪い所や気を付けるべき点を説明して頂けたので分かりやすかった。


▲このページのトップへ戻る