教育・学生生活

日本学生支援機構(全学生対象)

「高等教育の修学支援新制度」について

「高等教育の修学支援新制度」について


 学部学生にお知らせします。
 さて、国の施策の一つである「高等教育の修学支援新制度」が 2020 年 4 月から実施されることとなり、本支援の対象となった学生は、入学料や授業料が減免され、日本学生支援機構より奨学金が給付されます。高知大学では現在、文部科学大臣に対して高等教育の修学支援新制度の機関要件確認申請を行っています。対象機関(大学等)の公表は 2019 年 9 月 20日頃に文部科学省の HP で行われる予定です。
 
【支援の対象となる学校種】 大学・短期大学・高等専門学校・専門学校
【支援内容】 授業料等減免制度の創設(入学金を含む。但し既に支払った入学金は減免の対象となりません)、給付型奨学金の支給の拡充
【対象となる学生】 住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
*日本学生支援機構(JASSO)のホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html)で、収入基準に該当するかご確認いただくことができます。
 
 本学が本制度の対象機関になった場合、今秋、1 年生~来春卒業予定者を除く(来年度進級予定の)学部生の申請を、大学窓口にて行うことになると思われますが、現時点(令和元年 8 月末日)では、本学が支援対象校と認定されるか、また、申請時期等の詳細は未確定です。
 なお、本制度の概要等につきましては、下記の文部科学省、日本学生支援機構のホームページでご確認ください。


●文部科学省ホームページ「高等教育の修学支援新制度」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
●日本学生支援機構ホームページ「奨学金の制度(給付型)」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html
 
 【日本学生支援機構貸与・給付奨学金に関する相談窓口 】

 日本学生支援機構奨学金相談センター 0570-666-301(ナビダイヤル)

月曜~金曜:9:00~20:00(土日祝日除く) 料金がかかります
 

  
本学が支援対象校となり日本学生支援機構給付奨学金の募集等、詳細が決まり次第、KULAS、「奨学金関係の掲示板」でご案内します。あらかじめ示されています本制度のスケジュールによりますと申請期間は短期間になると思われますので、掲示等にご注意ください。

 

奨学金制度

奨学金制度としては、日本学生支援機構の奨学金が主なものですが、その他に高知大学独自の奨学金及び地方公共団体や民間育英団体等の奨学金があります。 

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金

大学・大学院等で学ぶ人を対象とした、国が実施する奨学金です。

※日本学生支援機構奨学金についての詳細は日本学生支援機構のホームページで確認してください。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/index.html

 

【給付型奨学金】〈学部奨学生〉

  区 分 給付月額
自宅通学 20,000円
自宅外通学 30,000円

※授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が減額されます。


【貸与型奨学金】

奨学金の種別

(ア)第一種奨学金(無利息)

(イ)第二種奨学金(利息付)…在学中は無利息、卒業後年3%を上限とする利息付。

(ウ)入学時特別増額貸与奨学金(利息付)…この奨学金は日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を希望したが、融資を受けられなかった世帯の学生を対象とし、第1学年(編入学者の入学年次を含む)において、希望により第1回目振込時の月額に増額して貸与を受けることができます。

 

貸与月額

(ア)第一種奨学金(無利息)

〈学部奨学生〉(平成30年度以降入学者)

  区 分 貸与月額
自宅通学

(最高月額)

45,000円

 

30,000円 

20,000円

自宅外通学

(最高月額)

51,000円

 40,000円

30,000円 

20,000円 

※最高月額を選択するには家計支持者の認定所得金額が日本学生支援機構の定める収入基準額以下であることが必要です。 

(イ)第二種奨学金(利息付)〈学部奨学生〉(平成30年度以降入学者)

 2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、7万円、8万円、9万円、10万円、11万円、12万円から選択

(ウ)入学時特別増額貸与奨学金(貸与額)

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択

 

 

募集及び出願

 在学採用の場合は、4月に募集します。ただし、家計支持者の失職、死亡又は災害等による家計急変のため緊急に奨学金の貸与を必要とする者については随時申込を受け付けます。

 希望者は、学生支援課、医学部・病院事務部学生課、物部総務課学務室に所定の期日までに申請してください。願書など必要書類は、説明会(4月上旬実施予定)等で配付・説明しますので、その時期の掲示に注意してください。また、家計急変により奨学金の貸与を必要とするときは、上記の時期にかかわらず担当窓口まで申し出てください。

 

奨学生の推薦及び選考

 奨学生は、大学において選考を行い推薦した者について、日本学生支援機構が更に選考し採用が決定します。

 

奨学金の交付

 日本学生支援機構からの奨学金交付は銀行口座に振り込まれます。本人名義の普通預金口座を開設してください。

 

【○給付型・貸与型奨学金における手続等】

 

奨学生の異動

 休学、学籍の異動、身分や銀行口座の変更等、異動の場合は、担当窓口に直ちに申し出を行い、異動願(届)を提出してください。

 

奨学金の継続

 翌年度も奨学金の貸与を希望する奨学生は、12月下旬配付する「貸与額通知書」・「奨学金継続願について」によりスカラネット・パーソナル(日本学生支援機構の奨学金についての情報システム)から継続の手続きを行ないます。 大学は奨学生の修学状況を確認し適格を認定します。状況により停止・警告・激励の補導を行います。奨学金継続願の手続きを行わない場合、奨学金は廃止となります。

 

奨学金返還誓約書・誓約書を提出

 平成22年度以降奨学生採用者は採用にあたって「奨学金返還誓約書・誓約書」の提出が必要です。採用時に配布します「奨学生のしおり」に詳細が記載されています。

  

在学届の提出

 高等学校、大学又は大学院で奨学生であった者は、在学届を学生支援課、医学部・病院事務部学生課又は物部総務課学務室へ提出してください。在学期間中は奨学金の返還が猶予されます。

 

海外留学の奨学金(貸与)

 在学中に学生交流協定を締結している大学に短期留学をする場合は第二種奨学金(短期留学)の貸与を受けることができます。

 また、学部卒業後に海外の大学及び大学院に進学を希望する場合は第二種奨学金(海外)の制度があります。貸与を希望する場合は学生支援課、医学部・病院事務部学生課又は物部総務課学務室の窓口に相談してください。

 

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

教育活動

学生情報

履修情報

キャンパス

AED設置場所