地域協働を組織する力を育てます。

大学院紹介大学院紹介

地域協働学専攻の人材育成目標

地域協働学専攻は、地域創生を推進するために地域が必要とする3つの課題を解決できる地域協働リ ーダーを育成することを目的とします。3つの課題とは、(1)地域創生の持続可能性を実現するために必 要な地域協働リーダーの後継者を養成すること、(2)地域協働リーダーにおいて地域創生の推進に必要な 地域長期ビジョンを地域住民とともに策定する能力を育成すること、(3)地域における新たな資源開発と 市場開拓を進めて経済面から地域の持続可能性を高めることです。 育成する人材は、「地域理解力」、「企画立案力」、「協働実践力」をあわせ持った「地域協働リーダー」 が、上記 3 つの課題解決を可能とする高度な専門知識を身に付けることでその機能を高度化させた人材 です。

地域協働学専攻における専門分野

本専攻は、社会学・経済学を中心的な学問領域として、協働的な学びの組織化や地域の長期ビジョンの策定に係る教育・研究を推進するとともに、地域の産業面・文化面で資源開発等と関係を有する農学・美術・スポーツなどを含めて、次の4分野を各専門分野により構成しています。

1)総合地域理解分野

地域社会学、地域福祉論、比較地域社会学、スポーツ社会学、国際経済論、ジェンダー論

研究指導が可能なテーマ・内容 担当教員
日本企業の対外直接投資・国際経営 大石 達良
地域共生社会の実現に向けた地域福祉研究 玉里 恵美子
調査票調査を用いた地域課題の分析、地域における多文化協働 湊 邦生
スポーツ社会学、スポーツ史 中村 哲也
女性が働きやすい地域社会の実現に向けた研究 佐藤 洋子

2)地域協働教育分野

社会教育論、ESD論、学習経営論、ファシリテーション論、組織学習論、スポーツ・健康科学

研究指導が可能なテーマ・内容 担当教員
協働を軸にした組織のあり方に関する研究 池田 啓実 
協働による地域学習の創造、教育改革研究、東アジア社会教育研究 内田 純一
ナレッジ・マネジメント(知識経営)、協同学習、高等教育開発 俣野 秀典
地域と学校の連携・協働、社会教育論、地域活動における学び 斉藤 雅洋
地域協働による健康づくり・介護予防支援に関する研究 佐藤 文音

※令和4年3月31日まで

3)総合地域政策分野

行財政論、コミュニティデザイン論、地域産業論、地域計画論、地域政策学、都市政策学、防災システム論、防災計画論

研究指導が可能なテーマ・内容 担当教員
行財政論、財政学、経済政策、地域経済 鈴木 啓之
地域産業論、地域経済循環、産業連関分析 中澤 純治
コミュニティ防災、防災教育、防災商品開発、農山村の六次産業化 大槻 知史
地域政策学、都市政策学、経済地理学 石筒 覚
持続可能な地域社会システム及びその多面性に関する研究 松本 明
防災システム論、防災計画論、地域防災、企業防災 藤岡 正樹
コミュニティデザイン、起業家育成、ソーシャルイノベーション 須藤 順

4)地域資源開発・市場開拓分野

地域資源管理論、里山管理論、農業経済学、六次産業化論、芸術文化学、デザイン学

研究指導が可能なテーマ・内容 担当教員
地域資源管理論、生態人類学、農村社会学、東南アジア地域研究 市川 昌広
都市農村交流、六次産業化、農村観光経済学 霜浦 森平
芸術文化学、デザイン学、グラフィックデザイン、版画 吉岡 一洋
里山管理論、環境社会学、伝統産業、獣害対策 田中 求

在学生の声

地域協働学専攻2年
田村 侑暉

 こんにちは!高知大学総合人間自然科学研究科地域協働学専攻の田村侑暉です。
 地域協働学部に1期生として入学し、地域協働学専攻にも1期生として入学している「地域協働歴6年」の大学院生です。
 大学院に入学しようと考えた理由は、➀地域に関する専門性をより極めるため、②「地域協働リーダーを育てるリーダーの育成」という地域協働学専攻の人材像に共感したためです。
 現在の大学院生活は、正直に申し上げると新型コロナウイルスの影響もあり、自身が考えていた大学院生活とかけ離れるものでした。しかし、そのような状況にあっても「自身にできることは何か」と考え、大学院生活を送っています。
 大学院前期では、地域づくりにおける基礎理論ともいえるであろう「内発的発展論」や内発的発展論に付随する学習活動に関しての学習を進めていきました。後期では、大学院生3名・高知県社会福祉協議会で協働し、ワークショップを開催しました。また、前期に引き続いて先行研究のリサーチ、様々な主体が主催している研修や会議等に参加させていただき、研究における含蓄を増やしていきました。
 以上のような生活を1年間送ってきましたが、学部生と大学院生の大きな違いは「研究者として、地域協働という未成熟な学問の開発に携われること」に大きな違いがあると感じています。そのため、知的好奇心や学問に対しての視座を高めたい方はかなり適している大学院ではないでしょうか。
 コロナ禍においても挫けず、着実に研究活動を行えているのは、地域協働学部・専攻における学びの経験が大きいと感じております。残り少ない学生生活ではありますが、目の前の課題に対して、自身のできることをしていきます。最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

お気軽にご請求ください。入試情報・資料請求

お問い合せはお電話で。電話番号088-888-8042

パンフレットダウンロード

地域協働教育推進会議

教授会及び学部運営会

地域協働学部・地域協働学専攻の就職先