地域協働を組織する力を育てます。

メニュー

お気軽にご請求ください。入試情報・資料請求

お問い合せはお電話で。電話番号088-888-8042

パンフレットダウンロード

地域協働教育推進協議会

教授会及び学部運営会

よくある質問よくある質問

実習ってどんなことをしますか?どこに行きますか?

実習では地域が抱える課題を実際に体験し、その解決に向けて地域住民と協働しながら具体的な解決策を考え実践していきます。
1年生では、地域の活動への参加やヒアリングを通じて、地域の課題や特性など、地域を深く理解する力を養います。2・3年生では、学生が選択した実習先で、地域資源を活かした企画立案から実践・評価までを、2年間を通じて地域住民と協働で行います。
実習授業を含む具体的な授業風景は、地域協働学部ウェブサイト上でご覧いただけます(http://www.kochi-u.ac.jp/rc/news/)。実習先は高知県内各地をフィールドとしています。(主として黒潮町、仁淀川町、いの町、佐川町、高知市、大豊町、香南市)

フィールドに行った際の経費はどうなっていますか?

入学時に実習費を納めていただきますので、その範囲で活動します。交通費の別途徴収はありません。

想定される就職先にはどのようなところがありますか?

地域協働学部では、学生が目指す人材像として「6次産業化人」「産業、行政、生活・文化の地域協働リーダー」を設定しており、それぞれ次の就職先を想定しています。

◇6次産業化人…農林水産分野の地域資源を活かして起業する人材
・農林漁業ベンチャーの起業、フードサービスの起業、地域資源活用ビジネス(グリーンツーリズム、飲食業、観光業、小売業)の促進、農業生産法人等の起業、6次産業化コンサルタント

◇産業の地域協働リーダー…地域の多様な資源(人・モノ・組織)を活かし、協働をコーディネートして事業を創る人材
・地場産業(伝統産業)、食品加工・流通企業、金融機関、広告代理店、デザイン会社、観光関連企業、都市開発関連会社、まちづくり会社、ソーシャルビジネス・地域ビジネス企業

◇行政の地域協働リーダー…住民、企業と協働して、地域の課題解決に向けた政策形成をコーディネートできる行政職員等の人材
・地方自治体、国の行政機関、独立行政法人、国際機関、農林漁業団体、商工団体、研究機関

◇生活・文化の地域協働リーダー…住民、企業、行政と協働して、地域の生活・文化を支える事業をプロデュースする人材
・コミュニティデザイナー、ソーシャルデザイナー、マスコミ、福祉関連法人・企業、コンサルタント会社、まちづくりNPOの起業、地域おこし協力隊、文化スポーツ振興団体

実習が多いのですが、クラブ活動やサークル活動はできますか?

できます。
土日に実習授業が入ることもありますが、それでもクラブ・サークルに所属している学生は多数います。
高知大学のサークル活動は文化系・体育系ともに活発です。
朝倉キャンパスには約60存在します。
勉学と両立しながら充実したキャンパスライフを過ごしてください。

海外留学はできますか?

地域協働学部では、海外サービスラーニング科目として「海外特別演習」および「外国語特別演習」という授業を用意しています。
この授業では、地域協働学部が協定を結んでいるイタリア、タイなどの大学において、海外で地域との協働を約3週間体験することができます。
また、高知大学ではアジア・太平洋地域を中心とした世界の国々との学術交流を促進していますので、大学の制度を利用すれば長期間の海外留学も可能です。
詳しくは高知大学ウェブサイトの国際交流のページ(http://www.kochi-u.ac.jp/international/student02/index.html)をご覧ください。

どんな能力を身につければ入学できますか?

地域協働学部では、「知識・理解」、「思考・判断」、「関心・意欲・態度」、「技能・表現」、「教科外活動」、以上の5つの視点から、求める学生像を掲げています。
詳しくは高知大学ウェブサイトの「アドミッション・ポリシー(地域協働学部)」(http://www.kochi-u.ac.jp/kyoikujoho/06/policy/06u_chiiki.html)をご覧ください。

奨学金を希望していますがとれるのでしょうか?

受給条件を満たしていれば受給可能です。受給条件等は奨学金の種類によって異なります。
詳しくは高知大学ウェブサイトの奨学金制度紹介ページ(http://www.kochi-u.ac.jp/campus/life/hukuri/syogakukin/)をご覧ください。

教員免許状は取得できますか?

取得できません。

社会調査士はどんな資格ですか?

社会調査士とは、社会調査の内容や手法、データの分析方法などについて、それらが適切なものかどうか判断できることを示す資格です。
指定の科目を履修し申請することにより、資格を取得することができます。
※社会調査士資格については、一般社団法人社会調査協会の公式ウェブサイト(http://jasr.or.jp/)をご覧ください。

お気軽にご請求ください。入試情報・資料請求

お問い合せはお電話で。電話番号088-888-8042

パンフレットダウンロード

地域協働教育推進会議

教授会及び学部運営会