地域協働を組織する力を育てます。

メニュー

お気軽にご請求ください。入試情報・資料請求

お問い合せはお電話で。電話番号088-888-8042

パンフレットダウンロード

地域協働教育推進協議会

教授会及び学部運営会

育てる人物像育てる人物像

6次産業化人

想定される主な就職先
  • ■農林漁業ベンチャーの起業
  • ■フードサービスの起業
  • ■地域資源活用ビジネス(グリーンツーリズム、飲食業、観光業、小売業)の起業
  • ■農業生産法人等の起業
  • ■6次産業化コンサルタント

産業の地域協働リーダー

想定される主な就職先
  • ■地場産業(伝統産業)
  • ■食品加工・流通企業
  • ■金融機関
  • ■広告代理店
  • ■デザイン会社
  • ■観光関連企業
  • ■都市開発関連会社
  • ■まちづくり会社
  • ■ソーシャルビジネス・地域ビジネス企業

行政の地域協働リーダー

想定される主な就職先
  • ■地方自治体
  • ■国の行政機関
  • ■独立行政法人
  • ■国際機関
  • ■農林漁業団体
  • ■商工団体
  • ■研究機関

生活・文化の地域協働リーダー

想定される主な就職先
  • ■コミュニティデザイナー
  • ■ソーシャルデザイナー
  • ■マスコミ
  • ■福祉関連法人・企業
  • ■コンサルタント会社
  • ■まちづくりNPOの起業
  • ■地域おこし協力隊
  • ■文化スポーツ振興団体
  • ■観光関連企業
  • ■都市開発関連会社
  • ■まちづくり会社
  • ■ソーシャルビジネス・地域ビジネス企業

生活・文化の地域協働リーダー

地域協働学部では「社会調査士」資格を取得することができます。

社会調査士資格を取得するには、標準カリキュラムとして社会調査協会が認定した科目を履修し、単位を修得する必要があります。地域協働学部では、「社会調査論」や「社会調査データの分析」、「社会調査実習」などの科目をとりそろえています。

これらの科目を通じて、アンケート調査票の設計、パソコンを使っての集計・分析など、一連の社会調査技法を身につけることができます。「社会調査士」の資格は、就職活動などの場面で、自己アピールに活用できますし、企業や自治体の調査業務にも活かすことができます。

※社会調査士資格については、一般社団法人社会調査協会の公式ウェブサイト(http://jasr.or.jp/)や、学生向け資格取得ガイド(http://www.jasr.or.jp/students/)もご覧ください。

お気軽にご請求ください。入試情報・資料請求

お問い合せはお電話で。電話番号088-888-8042

パンフレットダウンロード

地域協働教育推進会議

教授会及び学部運営会