高知大学 大学教育創造センターロゴ

センター紹介

高知大学ポータル

センター概要

HOME > センター紹介:

高知大学ポータル

センター概要

センター概要

高知大学大学教育創造センターでは、新しい大学教育プログラムの研究および教育システムや教授法の開発を行うとともに、教育評価システムやFDの企画・実施を通して学習支援のあり方を図っています。また、TA・SAを育成するために、年2回の講習会を実施しています。
 

用語の説明

FD:
Faculty Development, 大学教員が授業内容・方法を改善し,向上させるための組織的な取組
TA:
Teaching Assistant, 教育的配慮の下に,学部学生等に対するチュータリング(助言)や実験・実習・演習等の教育補助業務を担う大学院生
SA:
Student Assistant, TAよりも限定的な教育補助業務を担う学部学生

理念・目的

大学教育創造センターは、「学生の主体的な学び」によって各学部の人材育成目標を達成するための教育に関する企画・提案を行い、全学的な教育改革の中核としての役割を担っています。
このために、以下を本センターのミッションとしています。
  1. 高知大学の教育に関する将来構想とこれを具現化するための企画・提案
  2. 将来構想を実現するためのプログラム開発および教職員の職能開発
  3. 各部局による教育課程および授業改善に関する支援・検証・評価

組織体制

本センターは、高知大学学学生・教育支援機構に設けられた4センターのうちの1つです。
本センターのミッションを達成するために、教育評価ユニット、プログラム開発ユニット、教育改善ユニットの3ユニットが協力して業務にあたっています。
各ユニットは、センター専任教員、学部等から選出された教育ファシリテーター、兼務教員によって組織されています。これらのメンバーが構成する教育企画会議において、教育改善に向けた全学的な方針を策定し、学部等との調整を図りながら教育改革を進めています。
また、高知大学は、SPOD(四国地区大学教職員能力開発ネットワーク)を通じた教職員の職能開発に取り組んでおり、大学教育創造センターと高知大学事務職員職能開発委員会が連携しながら、SD(Stuff Development,大学職員が必要な知識及び技能を習得し、その能力及び資質を向上させるための組織的な取組)の企画・実施を支援しています。
組織図

センターの活動・取組

ユニット活動

本センターには、教育に関する企画・提案等を行う教育企画会議が置かれており、そのもとに教育評価ユニット、プログラム開発ユニット、教育改善ユニットの3つのユニットが置かれています。
各ユニットはそれぞれのミッションに従い、活動を行っています。

教育評価ユニット

各学部のディプロマポリシー(DP)の達成度および
カリキュラムポリシー(CP)の自己点検・評価支援
  1. 各学部等のDPの達成度の検証、カリキュラム評価とカリキュラム改善を支援するために下記の調査・分析を行う。
    ①セルフ・アセスメント・シート
    ②GPS-Academic
    ③ パフォーマンス評価
    ④在学生調査(高知大学の学びに関する調査)
    ⑤ 卒業生調査
    ⑥ 卒業生就職先調査
    ⑦ 上記以外に必要と認められる学修成果、DPの達成度とCPの評価に関する調査
  2. 上記の調査に基づいて、各学部DP達成のためのカリキュラム改善・教育改善について、教育企画会議に提案する。
  3. 教育改善ユニットと連携し、全学授業アンケート(Reflective Monitoringなど)の結果を分析し、全学の授業改善に反映させる。プログラム開発ユニットと連携し、上記①~⑦の調査方法について、点検・改善を行う。

プログラム開発ユニット

総合的教養教育の実現に向けた教育プログラム(共通教育・専門教育)の企画・開発
  1. 学びの基盤システムの構築
  2. 高知大学moodle (高知大学で用いられているeラーニングシステム)上に構築された教員プラットフォームを運用し、グッドプラクティス集の提供を行う。
地域志向教育の企画に関すること。
  1. 教育評価ユニット・教育改善ユニットと協力して、地域志向教育における学修評価及びカリキュラム評価に関するプログラム開発を行う。
  2. 高大連携教育実行委員会が行う高大連携授業について、高等学校が行うプログラムの開発、実施を支援する。
教育へのICT活用によるe-Learning 推進のための企画、開発
  1. 知プラe事業の支援を行う
  2. e-Learning 科目の授業改善を支援する。
  3. ICTを用いた教育活動を支援する。
  4. 高知大学moodle、認証連携システム等の管理、運営、開発等の業務を行う。

教育改善ユニット

全学的なF D活動の実施・検証および各学部等におけるF D活動の支援
  1. 教育改善に関する中期目標・計画を達成するために、年度ごとに教育改善に関する計画を策定する。
  2. 各学部における年間の教育改善の計画とその成果、エビデンスを取りまとめ、教育企画会議においてこれを評価・点検する。
  3. 課題探求型授業、地域志向科目等の授業改善のためのプログラムを開発・実施する。
  4. 課題探求型・時間外学習を促進する授業の開発・授業に課題探求型学習の手法を導入し,新たな授業プログラムを開発する・時間外学習を促す仕組みを導入した授業プログラムを開発する。
  5. 教育改善に関する全学的な調査・研究を行う。
教員の教育力向上に関する支援
  1. 教育改善を支援するために必要なファシリテーター・プログラム、各種セミナー、FD・SDウィークの企画・実施を行う。
  2. 新任教員研修プログラムを実施・運営する。

高大連携教育事業

本センターでは、高大連携教育事業として、高知県教育委員会、高知市教育委員会及び高等学校との連携により、共同研究プログラムの下で「高大連携教育プログラム」の開発、試行、教育実施者FD研修、高大連携授業実践を実施しています。

高知大学大学教育再生加速プログラム事業(AP)

また、平成28年度に採択された大学教育再生加速プログラム事業(テーマV:卒業時における質保証の取組の強化)において実施してきた大学教育の質保証に関する取組について、事業終了後も下図の体制で継続しています。
体制図
大学教育再生加速プログラム事業の詳細はこちらをご覧ください
up矢印