高知大学 大学教育創造センターロゴ

学生の方へ

高知大学ポータル

卒業までに身に付けてほしい能力

HOME > 学生の方へ:

高知大学ポータル

卒業までに身に付けてほしい能力

卒業までに身に付けてほしい能力

高知大学では、学生に身に付けてほしい「10+1の能力」を定めています。
「10+1の能力」は大きく分けて「対人:他者との関係性を築く力」、「対自己:自己をコントロールする力」、「対課題:課題を解決する力」の3つのカテゴリーに分類される10の能力と、これらの能力を発揮して、周囲の人や社会に働きかける力「統合・働きかけ」で構成されています。
10+1の能力とは

10+1の能力評価

10+1の能力がどれだけ身についているのかについて、GPAに加えて学生による自己評価と教員による他者評価によるアセスメントを行っています。

ルーブリックによる学生の自己評価(セルフ・アセスメント)

GPAで評価する能力を除いた8つの能力について評価するために、1年次と3年次および卒業時にセルフ・アセスメント・シートを用いた学生による自己評価を実施しています。

パフォーマンス評価

10+1の能力のうち、「統合・働きかけ」を検証するために、各学部・学科・コースでパフォーマンス科目を選定し、ディプロマポリシーに基づいたルーブリック評価指標を用いて、学生による自己評価と教員によるパフォーマンス評価を実施しています。

高知大学での学びのあゆみ

10+1の能力を身に付けるために、入学時から卒業まで、多面的なアセスメントによって自分の成長の過程を確かめながら、より質の高い学修成果をめざして学びを継続することができます。アセスメント結果にもとづいた教員とのリフレクション面談等を通じて、学生の成長をサポートしていく仕組みが、学びのPDCAとして機能しています。
こうした学びへの支援を受ける中で、学生は自分自身に対する評価をより客観的なものに近づけながら、より質の高い学修成果をめざし、卒業後のキャリアに向けた思索を深めていくことができます。
高知大学での学びの歩みの画像
up矢印