0

男女共同参画推進室 > 男女共同参画支援ステーション > 相談コーナー

相談コーナー

学内の皆様のニーズに合わせて支援体制を構築していきます。
お気軽にご要望をお寄せください。


相談コーナー

対象

教職員・学生  男女を問いません


時間

9:00 〜 16:00 (月 〜 金)


両立支援について

  • 研究と育児を両立させたい
  • 育児・介護情報が欲しい!
  • ワーク・ライフ・バランスを実現させるには?

研究者のキャリア形成について

  • アカデミック・ポストを目指すには?
  • 研究室の環境について
  • 研究職に進もうか悩んでいる

相談者のプライバシーには十分配慮いたします。


高知大学 男女共同参画推進室
朝倉キャンパス 総合研究棟

 

男女共同参画支援ステーション

担当: 研究者のキャリア形成について、仕事と育児・介護の両立相談

准教授 小島 優子(プロフェッショナル・キャリアカウンセラー、

         育休後コンサルタント(R)山口理栄認定 育休後アドバイザー

所属:安全・安心機構 男女共同参画推進室専任教員           

Mail : yukojima#kochi-u.ac.jp(#を@に変えて送信して下さい。)


 高知大学では、大学院進学に悩む学生や大学院修了後のキャリアに悩む大学院生のキャリア

相談を担当してきました。子育てをしながら学業と就職活動を行う学生さんや、家庭生活を大

事 にしながら研究もがんばりたい研究者の立場に立った相談にのってきました。

 私自身、研究職キャリアを築くために自分でキャリア設計を立ててきました。研究を続ける

ことには何度も挫けそうになりました。そうしたなか、大学院生時代に企画書を出版社に出し

て著書を単著で出版し、それによって、最初の大学非常勤講師公募に採用されました。自分の

悩んだ経験から、研究職キャリア相談に携わってきました。

 「女性であること」が研究の足かせにならないためにはどうすればよいのか、

哲学分野から男女共同参画の研究に取り組んでおります。「女性であること」によって、就職

・昇進・研究を犠牲にしないためにはどうすればよいのか、学内や学外の支援制度の情報を提

供しながら、相談にあたってきました。

 女性だけでなく、介護や育児に取り組む高知大学の男性教職員が仕事と両立するにはどうす

ればよいのか、職場や家庭の環境を踏まえて相談にあたっております。 育児・介護と仕事の

両立、ワーク・ライフ・バランス支援等のご相談がありましたらお寄せください。大学におけ

る男女共同参画を推進のために取り組んでまいります。


 

担当: 仕事と育児・介護の両立相談

杉田 郁代(臨床心理士)
所属:高知大学 大学教育創造センター
TEL : 088-844-8876(直通)
Mail : isugita#kochi-u.ac.jp(#を@に変えて送信して下さい。)

専門は教育心理学と学生支援です。相談専門領域は、子育て支援とワークライフバランスです。私は、仕事と子育てをしながら臨床心理士取得を目指して大学院に進学し、周りのサポートを借りながら両立をし、これまで相談機関等において、子育て支援やキャリア支援に関する相談支援に携わってきました。子育てと研究の両立などのワークライフバランスや研究者としてのキャリアに関する相談についてお手伝いできると思います。両立を上手にするには、人の手を借りたり、手を抜けるところは抜いて自分自身のバランスを取ることが大切です。完璧にこなそうとするほどバランスが崩れていきます。「どうしようと」立ち止まった時には、ぜひ、自分の考えを整理するためにも、人と話しをしてみてください。人と話すことで自分の考えを整理したり、俯瞰したりすることができます。悩む時だけでなく、自分のキャリアについて考えるときに気軽に相談支援を活用してみてください。なにかヒントを得ることができると思います。




▲このページのトップへ戻る