2017年11月13日 駐日エチオピア大使による特別講演会「日本とアフリカの関係」を実施しました

2017年11月13日

  11月13日(月)に、高知大学国際連携推進センター主催の駐日エチオピア連邦民主共和国大使チャム・ウガラ・ウリヤトゥ閣下による本学学生等に対する特別講演会「日本とアフリカの関係」を開催し、日本人学生、留学生の他、教職員、一般の方など約120名が参加しました。
 講演会では、まず、日本主導で開始した「アフリカ開発会議(TICAD:Tokyo International Conference on African Development)」の歩みなどを例に、アフリカ地域開発事業などについて日本の貢献やエチオピアとの両国関係構築の歴史などが紹介されました。次に、エチオピアの国を挙げた工業団地の開発、急速かつ持続可能な経済成長を遂げていることなどについての説明があり、講演後の質疑応答においては学生より活発な挙手があり、同国への強い関心が覗えました。
 会場参加者からは、「アフリカには普段あまり馴染みがなかったが、エチオピアのことを知ることができ身近に感じることができた」「アフリカ地域への強い可能性を感じた」等の感想が寄せられました。


 

IMG_4930

<チャム・ウガラ・ウリヤトゥ駐日エチオピア大使>

IMG_4956

<チャム大使によるご講演>
IMG_4961
<学生との質疑応答>

 


 

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア