English

留学の種類

高知大学における留学には、大きく分けて以下の2種類があります。

 

高知大学在学中に留学する場合

在学中の留学については、留学の目的及び留学先が本学の交流協定校であるかどうかにより、手続きや本学での在籍身分等が以下のようになります。

留学期間中の本学での身分 留学の形態 留学費用 留学期間中の
高知大学の授業料

【留学扱い】

○外国の大学で修得した単位を本学の単位として認定することができます。(※2)

○留学先の大学への授業料は不徴収ですが、留学期間中も本学への授業料は納入しなければなりません。なお、留学先の大学で、履修登録料等が発生する場合があります。
交流協定校への留学(※1)

○教育上有益であるとの判断により、本学の教育課程の一環として外国の大学での勉学を認める場合

○先方大学への受入れ手続き等は、国際交流室が行います。
○公費留学
○民間団体等の
奨学金による留学
○私費留学
必要

【休学扱い】

○外国の大学等で修得した単位が、本学の単位に認定される場合があります。

○休学期間中は、本学への授業料は免除されます。
交流協定校以外の大学等への留学

○学生が、私的都合で自由に選択して学修する場合等で、本学の教育課程の一環と見なされない場合。

○先方大学への受入れ手続き等は、学生本人が行います。

(例)○語学学校への留学
   ○海外ボランティア
   ○ワーキングホリデー
   ○海外インターンシップ
○私費留学
○民間団体等の
奨学金による留学
免除

※1 本学と協定(学生交流に関する覚書)を結んでいる海外の大学への留学(人数制限あり)
※2 留学先で受講した授業の内、高知大学での授業に置き換えることができるもののみ単位として認定されますので、取得した単位全てを互換できるとは限りません。

 

高知大学卒業後に留学する場合

高知大学を卒業後、外国の大学または大学院に正規に入学します。
奨学金については、在学中に申し込めるものもありますので、学内の掲示等をご覧ください。

形態 経費の負担
○外国の大学または大学院に正規に入学し、卒業や学位の取得を目的とする場合。奨学金の制度により、国・大学等の指定がなければ、自分の行きたい国の行きたい大学に留学できます。

○先方大学への受入れ手続き等は、学生本人が行います。
○公費留学
○民間団体等の奨学金による留学
○私費留学

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア