研究

近年の研究の歩み

年度 テーマ
昭和62〜平成2年 意欲的にあそびにとりくむ幼児を育てる研究 ~子どもに適した環境を考える~
平成3年 意欲的にあそびにとりくむ幼児を育てる研究「心をとらえてはなさない土だんご」発刊
平成4〜7年 新しい教育課程の編成をめざして ~幼児期にふさわしい生活を送るために~
「新しい教育課程の編成をめざして ~幼児期にふさわしい生活を送るために~」発刊
平成8年 幼児期にふさわしい生活 ~一人一人の心の動きにそった援助のあり方を探る~
平成9〜12年 幼児期にふさわしい生活を送るための指導計画について
平成11年 「幼児期にふさわしい生活を送るための指導計画について」発刊
平成12年 「幼児期にふさわしい生活を送るための指導計画について 別冊『子どもの生活と自然環境』発刊
平成13〜15年 道徳性の芽生えを培う援助と環境構成のあり方を探る ~人とかかわる喜びを視点として~
平成15年 「道徳性の芽生えを培う援助と環境構成のあり方を探る ~人とかかわる喜びを視点として~」発刊
平成16年 幼児期にふさわしい生活を送るための教育課程 ~道徳性の芽ばえに注目して~
平成17〜20年 よく考えて行動する子どもを育む園生活のあり方を探る
平成21年 「よく考えて行動する子どもを育む園生活のあり方」発刊
平成22〜25年 発達の連続性を踏まえて経験の意味を問う ~よく考えて行動する子どもを育む行事のあり方~
平成26年 よく考えて行動する子どもを育む指導計画
平成27年~ よく考えて行動する子どもを育む教育課程

研究紀要

平成25年度 研究紀要
「発達の連続性をふまえて経験の意味を問う」
よく考えて行動する子どもを育む行事のあり方

研究紀要はPDFファイルでご覧いただけます。PDFファイルをお使いのパソコンに保存しておけば、インターネットに接続していなくてもパソコンで自由に閲覧できます。また必要な部分だけ印刷することも可能です。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、こちらから無料でダウンロードできます。 GetAcrobatAdobe Reader
ページの先頭へページの先頭へ

本年度の研究

研究テーマ:よく考えて行動する子どもを育むための教育課程・指導計画

平成26年度から、本園のめざす子ども像である「よく考えて行動する子ども」にそって、教育課程・指導計画を再編しています。平成30年から実施される幼稚園教育要領にも照らし合わせ、完成する予定です。

私達は、本園のめざす子ども像の「よく考えて行動する子ども」と、今の子ども達の発達の姿や日々の保育実践の内容を結びつけて教育課程を作成したいと考えました。そこで、平成26年度は、週日案の枠組みを整理し、日々の実践記録からこれまでの指導計画を見直し、年間指導計画案を作成しました。

平成27年度は、前年度の年間の月別指導計画案を踏まえて「よく考えて行動する子ども」に育つための教育課程案を作成しました。

平成28年度は『幼児期に育てたい「よく考えて」とは』に焦点を当て、その定義や具体を文部科学省の資料などをもとに以下のように考えました。

定義:主体的にヒト・モノ・コトと対話し、内面化すること

A: 身近な事象に積極的にかかわり、物の性質や仕組み等を感じ取ったり、気付いたりする。
B: 思いを巡らし予想し、多様なかかわりを楽しむようになる。
C: 友達などの様々な考えに触れるなかで、自ら判断しようとしたり考え直したりする。
D: 新しい考えを生み出す喜びを味わいながら、自分の考えをよりよいものにするようになる。

高知大学の幼児教育コース専任の先生方にも共同研究という形で月1回参加していただき、現行の幼稚園教育要領の読み合わせを行ったり、カンファレンスに参加していただいたりし、より充実した園内研究にしていきました。

また、月に2回~4回、カンファレンスを教職員全員や実習生と行ったり、幼児教育に関する映像や学会報告なども織り交ぜたりし、園内研修の充実も図り、日々の保育に活かしていきました。

なお、今年度も附属幼稚園ならではの取り組みとして、よく考えて行動する子どもに育つために、ふさわしい教育実践を大学と連携したプログラムや活動を通して行ってまいります。
今年度は、公開研究保育を以下の通り行います。

公開研究保育の詳細はこちら→

ページの先頭へページの先頭へ

フッターメニュー

高知大学教育学部附属幼稚園

〒780-0915 高知県高知市小津町10-26

TEL.088-822-6417 FAX.088-822-6412