高知大学教育学部附属幼稚園

生 活

最近の様子

『小さな怪獣の色彩展』高知大学医学部附属病院
2018.7.10

日時 2018年7月30日から10月23日
場所 高知大学医学部附属病院日時 

高知大学教育学部門第3期中期計画附属校園行動研究「絵の具遊び活動に関する実践的研究―学部教員と連携した幼児教育プログラムの開発―」の中間成果としての展覧会『小さな怪獣の色彩展』が高知大学医学部附属病院で行われています。 ホスピタルアートとして飾られている作品が病院にいる人々の気持ちを少しでも安らげるものとなればと願っています。

 

絵の具遊び活動の展覧会
2018.7.10

場所 高知大学教育学部1号館1階ギャラリー 
日時 2018年7月10日から26日(最終日は17:00まで)

高知大学教育学部門第3期中期計画附属校園行動研究「絵の具遊び活動に関する実践的研究―学部教員と連携した幼児教育プログラムの開発―」の中間成果としての展覧会が行われています。
 

6月誕生会
2018.6.19

 6月の誕生会を行いました。誕生児を紹介し、パレードをした後の6月の出し物は音楽演奏会でした。
 高知大学の梶原彰人先生がトロンボーンを高知大学の音楽専攻の学生の加藤優弥さんがピアノを中島すみれさんがフルートを演奏してくださいました。
 曲目は『シャウティンライザ』(トロンボーン・ピアノ)『熊蜂の飛行』(フルート・ピアノ)ベートーベンピアノソナタ『月光』(ピアノ)となりのトトロより『さんぽ』(フルート、トロンボーン、ピアノ)でした。音楽に親しむ楽しいひと時となりました。
                                       

絵の具遊び(年長組)
2018.6.19

 年長組の子ども達が、高知大学の様々な分野の先生方や、そこで学ばれている学生さん達と一緒に、幼稚園の遊戯室で絵の具活動を行いました。これは、高知大学教育学部門研究プロジェクト「絵具遊び活動に関する実践的研究―学部教員と連携した幼児教育プログラムの開発―」の一環です。教育学部西洋画専門の土井原先生、同学部日本画専門の野角先生、同学部教育科学コースで教育心理学専門の野中先生、そして同学部幼児教育コースで教育心理学専門の玉瀬先生(本園園長)、また、地域協働学部教育学専門の吉岡先生、斉藤先生、そして地域協働学部の学生達が授業として来ていました。学生達は子どもの記録をとったり、片付けをしたりと、主体的に活動していました。
 子ども達は、パレットに入れてもらった7色の絵の具を使って、それぞれの青色の画用紙にきれいな花火の絵を描きました。「シューッ」と花火が夜空に上がっていく様子を、筆を滑らせながら描いていく子がいたり、花火がだんだんと広がっていく様子を、点描のように丁寧に表現していく子がいたりなど、花火という共通のテーマでも、いろいろなアイデアや工夫が見られました。
 花火の絵が終わった後は、「命の木」と名付けられた大きな木の絵をたくさん茂らせるために、葉っぱの形の紙にそれぞれ思い思いの色を塗りました。
                               

幼稚園で遊ぼう
2018.6.15

 幼稚園で遊ぼう(未就園児の方を対象にした園庭開放)を行いました。遊戯室で「新聞ビリビリ・・・何ができるかな?」と題して新聞を使った遊びをしました。




絵の具遊び(年中組)
2018.6.12

 高知大学教育学部門研究プロジェクト「絵具遊び活動に関する実践的研究―学部教員と連携した幼児教育プログラムの開発―」の一環で、園庭の広い自然豊かな高知大学教育学部附属幼稚園、年中の子ども達が“世界に1つだけの草むら”を表現しました。この活動には大学の先生方(吉岡一洋先生、土井原崇浩先生、野角孝一先生、野中陽一朗先生、斉藤雅洋先生)だけでなく、地域協働学部の学生も参加しており、授業として主体的に活動に参加していました。  活動の最初は、附属幼稚園内にある様々な植物を見たり匂ったり触ったりと五感で感じ取る時間をとりました。そして、年中組のみんなが草の妖精になって、それぞれが紺・黄・青の3色を混ぜ、草の絵を描いていきました。  最後に素敵な草むらに虫達がやってきて、虫達が草むらの中でかくれんぼをしたり、虫のおうちができたりして世界に1つだけの草むらができあがりました。
















防災教育の日
2018.6.11

 附属幼稚園では、避難訓練とは別に防災教育の日を行っています。実際に非常食(乾パン)を食べ、地震の紙芝居を見ました。また、ご家庭にはベンリー袋を持って帰ってもらい、ベンリー袋をかぶせて使用した非常用トイレに体験しアンケートを記入してもらっています。これは、非常用トイレの使い方に慣れると共に、非常時の子ども達への細かな対応ができるように準備しているものです。




避難訓練(Jアラート)
2018.6.11

 附属幼稚園では、月に1回程度避難訓練を行っています。今回はJアラートの避難訓練でした。今年度初めてでしたが、今までした避難訓練の取り組みを生かしてスムーズに行うことができました。

日曜参観日
2018.6.3

 日曜参観を行いました。ふだんは参観する機会の少ないお家の方にも来ていただきました。年長組は「豆皿・プチ皿づくり」をしました。年長組は高知大学の阿部 鉄太郎先生にご指導いただき行いました。

年長組

    






  

年中組



年少組

  

歯科健診
2018.6.1

 歯科健診を行いました。高知大学医学部歯科の笹部衣里先生に診ていただきました。お手伝いには歯科衛生士の村田美和さんに来ていただきました。年長、年中、年少組の順に行いました。先生はとても優しく子ども達に目線を合わせて診察してくださいました。また、年少組さんの中には、先に終わった友達の「痛くないよ」という言葉に勇気をもらって、先生に診てもらうことができた子どももいました。
 健診後に笹部先生から「園児皆が自分の名前と御礼を元気に言ってくれたので、とても感心しました。今回の歯科検診では、半分くらいの子どもさんが下の奥歯の内側に歯垢が残っていました。自分では磨きにくい場所なので、お母さんが仕上げ磨きをする時に気を付けてみて下さい」とのコメントをいただきました。


5月生まれ誕生会
2018.5.30

 5月生まれさんおめでとうございます!誕生児を紹介し、パレードをした後の5月の出し物は『おむすびころりん』のエプロンシアターでした。



耳鼻科健診
2018.5.29

 耳鼻科健診を行いました。高知大学医学部耳鼻咽喉科の奥谷文乃先生に診ていただきました。お手伝いには看護師の岡林かをりさんに来ていただきました。年長、年中、年少組の順に行いました。耳鼻科健診はいろいろな器具が並び、いつもの保健室の様子と違うので、涙が少し出た年少さんもいました。  
 健診後に奥谷先生から 「健診でひっかからなくても、長く鼻水がつづく、聴こえにくいような感じがする場合は早く近くの耳鼻咽喉科を受診してくださいね」とのコメントをいただきました。            

幼稚園で遊ぼう
2018.5.25

 幼稚園で遊ぼう(未就園児の方を対象にした園庭開放)を行いました。遊戯室で「ぺたぺた ぺったん スタンプ遊び」と題して、野菜のスタンプで遊びました。その後は園庭で遊びました。

交通教室
2018.5.21

 高知市役所と高知警察署から指導に来ていただいて、交通教室を行いました。まず、遊戯室で横断歩道の渡り方についてお話を聞きました。3つのポイントがあり、「とまる」は、横断歩道の前では一旦、止まること、「みる」は、横断歩道の前では左右を確認すること、「まつ」は、信号が変わるまで待つということを教えてもらいました。
 交通ルールについて学んだ後は、園庭に設置された本物そっくりのミニ信号機を使って、横断歩道を渡る練習をしました。
                   

高知県国公立幼稚園・こども園会総会研究大会
2018.5.19

 大津の教育センターで開かれた「高知県国公立幼稚園・こども園会総会研究大会」に教員が参加しました。
          

救命講習(教職員)
2018.5.18

 今年も高知市消防署の方に来ていただいて、教職員が救命講習を受けました。呼吸、脈が止まったときに必要な心肺蘇生法(人工呼吸・胸骨圧迫)やAED(自動体外式除細動器)の使用方法などを学びました。
         

内科健診
2018.5.17

 今日は朝から内科健診を行いました。高知大学医学部小児科の石原正行先生に診ていただきました。最初に「健診は痛くないよ、大丈夫だよ」ということを年少組さんにお知らせしました。それでも、内科健診が初めての年少組は目がウルウルしていた子どももいました。年中、年長組は保健室に来た時には、ドキドキしていた子ども達もいましたが、先生がとてもやさしかったので、安心して健診を受けることができました。
 健診後に石原先生から「今年も元気な子どもがいっぱいで、みんな泣き出すこともなく診察させてくれました。」とのコメントをいただきました。       

ミドル保育者フォローアップ研修
2018.5.16

  高知県の保育士・幼稚園教諭・保育教諭ミドルリーダーとしての専門性やリーダー性を高め、地域性を視野にいれ、指導的な立場で保育・教育に関わることができる資質・指導力の充実を図る研修が附属幼稚園で行われました。 附属幼稚園は教育委員会に協力し、保育と協議会を公開しました。研修ではそれをもとに学びが進められました。

幼稚園創立70周年
2018.5.9

 附属幼稚園が創立70周年を迎えました。皆で遊戯室に集まり今までの歴史を写真で振り返えりました。また、クラスではお祝いのおやつを食べ、帰りには記念誌と記念の自由画帳を持って帰りました。
附属幼稚園70年の歴史はこちらからhttp://www.kochi-u.ac.jp/kinder/history.html

避難訓練
2018.5.7

  幼小合同の避難訓練で、附属小学校の3階に避難する予定でしたが、雨が強かったため、訓練で風邪を引いたりしないように、幼稚園の2階会議室に避難するように変更しました。         
 年長、年中組は落ち着いて避難できていました。年少組は驚いたり、涙が出たりしましたが、先生の言うことはしっかりと聞いて避難することができていました。                  

高知大学教育学部幼児教育コース学生が来ました。
2018.5.7

 高知大学の1回生が授業の一環として子ども達の様子を見学に来ました。高知大学教育学部幼児教育コースの学生さん達が「高知の保育を考える」という授業で幼稚園に来ました。この授業では県内の保育・幼児教育に携わっている方々や教育行政の立場の方々から直接お話を伺ったり、学生が企画して子ども達や保護者の皆様と活動したりすることを計画しており、それによって、高知の保育の現状や課題を理解し、乳幼児期の保育・教育を体験的に学ぶことを目的としています。
 今日は、初めの授業ということで、幼稚園で子ども達が実際どのように過ごしているのかを観察し記録を取っていました。

遠足へ行きました
2018.4.11

 お家の方と子ども達と一緒に高知城に遠足へ行きました。園に集合し皆で歩いて高知城に行きました。新緑がとてもきれいでした。

『四附連』
2018.4.27

 平成30年度 四国国立大学附属学校連盟・四国国立大学附属学校PTA連合会が徳島で行われ、参加しました。 幼稚園部会では公開保育後、意見交換を行い大変勉強になりました。ここで得たことを明日からの保育に生かしていきたいと思います。

4月生まれ誕生会
2018.4.25

 4月生まれさんおめでとうございます!誕生児を紹介し、パレードをした後の出し物は『こいのぼり』のペープサートでした。






始業式・入園式
2018.4.11

 午前に始業式、午後に入園式を行いました。




トップに戻る