地球掘削科学共同利用・共同研究拠点

高知大学 海洋コア総合研究センター

HOME

センター紹介

研究・教育活動

共同利用

成果・広報

HOME > 共同利用 > 学術コアレポジトリー

共同利用

学術コアレポジトリー

学術コアレポジトリーの概要

高知大学海洋コア総合研究センターに学術コアレポジトリーを開設しました(2019年度)。学術コアレポジトリーでは、IODPコアレポジトリーおよびJAMSTECコアキュレーションで扱われない多様なコアを系統的に保管管理し、二次利用システムを運用します。学術コアレポジトリーでのコア保管管理を希望する方は、下記の学術コアレポジトリー運用室、および、海洋コア室(海洋コア総合研究センター事務室)へお問い合わせ下さい。

学術コアデータベース
学術コアレポジトリーで保管しているコアの基礎情報データベースです。

保管対象とするコア
基礎情報(※)が明確になっており、学術的な利用価値があると判断されるコア。
(※)基礎情報は、採取地点の情報(緯度、経度、水深等)、航海主席研究者、責任者等について網羅されていること。

保管を受け入れるコアの例

●地球掘削科学共同利用・共同研究拠点における共同利用研究に供されるコア、もしくは、過去の共同利用研究にて利用されたコア。

●2018年度(公募一元化)以前に東京大学大気海洋研究所の共同利用航海(白鳳丸、新青丸、淡青丸)で採取された海洋コア。

●2019年度以降に東京大学大気海洋研究所・海洋研究開発機構の共同利用航海(白鳳丸、新青丸、よこすか、かいれい)で採取された海洋コアのうち、研究者が当面管理するコア。

●国際陸上科学掘削計画(ICDP)およびその他のプロジェクトで採取された陸上掘削コア。

●大学練習船、外国研究船などで採取された海洋コア。

●国内で採取された湖沼コア。

●その他(要望があれば随時検討する)


※新たに採取されるコアだけでなく、過去に採取され大学・研究機関等で保管されているコアも対象とする。

モラトリアムと二次利用
モラトリアム期間(5年間を想定)を超えたコアはコミュニティに公開し、サンプルリクエストに応じて二次利用に提供します。

学術コアレポジトリー運用室
室長:池原 実(ikehara[※]kochi-u.ac.jp)
学術コアキュレーター:朝日 博史(asahiro[※]kochi-u.ac.jp)
(メールアドレスは[※]をアットマークに変えてお送りください。)

問い合わせ先

〒783ー8502 南国市物部乙200
海洋コア総合研究センター事務室(研究国際部 研究推進課 海洋コア室)
TEL:088-864-6712
FAX:088-864-6713
E-mail:kk21[※]kochi-u.ac.jp
(メールアドレスは[※]をアットマークに変えてお送りください。)