地球掘削科学共同利用・共同研究拠点

高知大学 海洋コア総合研究センター

HOME

センター紹介

研究・教育活動

共同利用

成果・広報

HOME > 共同利用 > 共同利用・共同研究

共同利用

共同利用・共同研究

[重要なお知らせ]募集期間:2020年2月10日〜2020年3月8日(締切延長)

今年度の募集要項

令和2(2020)年度前期のみ、前期及び後期分の共同利用・共同研究の課題を募集しています。

募集期間:令和2年2月10日〜3月8日(締切延長)

●公募要領及び申請書類
必ず内容をご確認ください。

●研究設備
申請に当たっては、共同利用・共同研究に供する主要設備一覧に記載されている各機器の担当者と必ず事前打ち合わせを行ってください。

●採択後の書類等

●随時募集
公募締切後、緊急の利用希望が生じた際は、センター連絡担当者に相談の上、こちらの様式をご利用下さい。

●公募要領及び申請書類等一括ダウンロード

申請書類等提出・問い合わせ先

〒783ー8502 南国市物部乙200
海洋コア総合研究センター事務室(研究国際部 研究推進課 海洋コア室)
TEL:088-864-6712
FAX:088-864-6713
E-mail:core-kyodo[※]kochi-u.ac.jp
(メールアドレスは[※]をアットマークに変えてお送りください。)

注意事項など

●申請書の項目の中で「分析する試料」の「所有権者」欄は、記入不備が多いため、特にご注意ください。
例えば、
IODP(ちきゅう)コアの場合は、JAMSTEC
IODP(Joides Resolution)・ODP(Joides Resolution)・DSDP(Glomer Challenger)の場合はNSF です。

【謝辞記載のお願い】共同利用・共同研究により得られた成果を学術雑誌等に発表される場合には、当研究センターを利用したことと共同利用・共同研究の採択課題に基づく研究であること(採択番号)を謝辞に必ず付記して下さい。
共同利用・共同研究拠点の中間評価および最終評価など文部科学省への報告書類において、謝辞に記載がある論文のみが、共同利用・共同研究拠点活動の成果論文として認められる仕組みとなっていますので、漏れなく記載して下さい。

「研究成果登録フォーム」にて事務局へ成果(論文、学会発表、卒論・修論・D論など)を報告してください。また、論文・報告等のPDFファイルもしくは別刷りまたは写しを提出して下さい。当該論文の著者・所属・共著者・論文タイトル・掲載誌名巻号・該当課題番号等は、当研究センターの拠点活動の成果として公表されます。

●センター教員との共同研究等(科研等を含む)によるセンター利用についても、原則として共同利用・共同研究に申請していただいて採択されてから後に行っていただくようになっています。共同研究等での利用計画がある場合は、当該共同利用・共同研究に応募して下さい。

●従前どおり、年2回の申請締切(前期分・後期分)ですが、緊急に利用が必要な場合のために、平成19年度より「随時受付」を新たに設けました。ただし、これはあくまで例外的なものであり、高知大学海洋コア総合研究センター長が当該申請に対し学術的に重要かつ緊急性があると認めるものだけを受付けます。以下に例を示します。
(1)当初測定予定であった機器が壊れて修理に時間がかかることが見込まれるため、緊急避難的に使用したい。
(2)予測不能で起こった出来事(地震発生等)に緊急に対応する必要が生じた。
(3)共同利用・共同研究公募受付時期以後に採択された競争的資金や公募型プロジェクト等 による研究を遂行するため、当該解析を早急に行う必要が生じた。
(4)その他やむを得ない事由(1から3の事由に類似したものに限る。)

●従来より、大学院生・学部生が利用に参画する場合は、教育研究活動中に生じた事故により身体に傷害を被った場合に対応する保険(学生教育研究災害傷害保険又は同等以上の保険)に加入していただくこととしていましたが、平成19年度よりこれに加え、学研災付帯賠償責任保険等の他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償する保険に加入していただくこととしています。

高知大学と国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、センター施設を共同で管理運営しており、 当該施設に対して「高知コアセンター」という共通名称用いています。 共同利用・共同研究は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の協力を得て実施されます。

学内宿泊施設

● 当研究センターが立地する高知大学物部キャンパス内の厚生会館(2010年3月に改築)に宿泊することが できます。料金などの情報は厚生会館ページでご確認下さい。

● 宿泊予約の申込みは、センター連絡担当者(受入教員)もしくは全国共同利用事務局が行いますので、事前に宿泊申し込みをする旨をご連絡ください。
(注意: 物部総務課総務・会計グループ会計係に 直接申し込まないようにお願いします)

● バス・トイレ・冷蔵庫・テレビ付きのシングル個室(8室)および和室(1室)、バス・トイレ別で2段ベッド設置の学生宿泊室(5室)があります。別途、台所、風呂(男女別)、洗濯乾燥器(男女別)を利用することができます。

● 物部キャンパス内で食事等ができる場所は、基本的に 生協(農学部食堂・購買)のみです。 春休み・夏休み・冬休み期間は短縮営業(食堂は平日昼間のみ)となりますので、ご注意ください。

● 厚生会館の予約が埋まっている場合などは、近郊のビジネスホテルなどをご利用ください。その他のホテルなども紹介可能ですので、必要に応じて全国共同利用事務局もしくはセンター連絡担当者(受入教員)までお問い合わせ ください。

これまでの採択課題一覧

共同利用・共同研究の研究成果ページ

連絡先

〒783ー8502 南国市物部乙200
高知大学海洋コア総合研究センター 共同利用・共同研究事務局
TEL:088-864-6712
FAX:088-864-6713
E-mail:core-kyodo[※]kochi-u.ac.jp
(メールアドレスは[※]をアットマークに変えてお送りください。)