English

JICA国際研修

平成20年度

 

平成20年度JICA集団研修コースを開講(2008年7月22日)

 平成20年7月22日(火)独立行政法人国際協力機構(JICA)の「2008年度海域における水産資源の管理及び培養」集団研修の開講式を行いました。

 今回の研修には、集団研修コースに7名(インドネシア、マレーシア、フィリピン、トルコ2名、バヌアツ、ベトナム)が参加して、約3ヶ月にわたる研修を行います。研修員は海洋県である高知の特色を活かした本コースを通して、海洋生物の資源培養の重要性や海洋調査のための技術を学び、帰国後は母国の水産業発展の原動力となることが期待されています。

 開講式では、相良高知大学長、木下コース長(代読:平岡海洋生物研究教育施設准教授)、新納JICA四国支部長から歓迎の挨拶が述べられた後、研修生を代表してフィリピン共和国ベライド・イジドゥロ・Jr.モソさんから研修に対する抱負が述べられました。

JICA平成20年
世界6カ国から参加した研修生とJICA四国支部と高知大学関係者

国際交流活動

国際連携推進センターについて

本学へ留学を希望する方へ

海外へ留学を希望する方へ

在学留学生の方へ

教職員の方々へ

データ集



センター発行 広報誌
ソーシャルメディア