EDUCATION

医療学コース

  1. HOME
  2. 教育
  3. 大学院
  4. 博士課程
  5. 医療学コース

目的

科学の目覚ましい進歩は生命科学・医学の領域でも著しいが、その終局の目的は研究成果が人間に還元されることにあります。 還元の場である医療の現場では、医学というサイエンスに基づいた知識とアートとして熟練された臨床技術の両者が融合した医療技能による医療の実践が求められ、 同時に、この実践を支える基盤としての医師・患者関係や医療システムの在り方が重要な意義を持つことになります。

本コースには、これらの課題に対応するため「臨床研究・臨床技術系」および学際的な研究をめざす「予防医学・保健医療学系」の2つの系を設けています。

「臨床研究・臨床技術系」においては、臨床技術の客観的評価を設けた体系的な教育・研修プログラムを基盤とし、さらに臨床の現場で生じる課題に対する研究を通じて、 リサーチマインドと高度な臨床技術を備えた医療技術者を養成し、また、「予防医学・保健医療学系」においては、臨床の場から生まれる問題をテーマとし、 高度な医療技術の推進に資する研究者の育成を図ります。

  • 「臨床研究・臨床技術系」では、医学・医療学領域において、豊かな人間性への理解と高い倫理性を持ち、 医療現場から生じる医学的問題を鋭敏に感知して的確に解決する研究者を育成します。また、豊かなリサーチマインドと的確な問題解決方法と能力、及び高い臨床技能を具備した専門医を育成します。さらに、臨床医療において優秀な後進を育成する優れた指導者としての能力を有する人材を育成します。
  • 「予防医学・保健医療学系」では、疫学、地域医療学、環境医学などの予防医学の専門家を育成する一方、 健康医療・福祉に関連する社会的サービスや運営・管理、行政などの諸領域において、豊かな人間性と高い倫理性とともに強いリサーチマインドと的確な問題解決方法と能力、 そして高度の専門的知識と技術をもって活躍し、さらに優秀な後進を育成する優れた指導者能力を有する人材を育成します。
  • 両系を通じて、社会人を積極的に受け入れ、近年の医療学分野における急激な技術革新および社会構造の変化に対応し得る人材を育成します。

アドミッションポリシー

医学専攻では、その設置理念・目的に基づき、自然科学から人間科学の多岐にわたる分野で培われた知見や研究内容の特徴を生かし、 医学・医療を通じて社会発展に寄与しようとする人材を求めます。

  1. 高度な専門的知識と技能を身につけた専門医を志している
  2. 社会のニーズを適切に把握し、国際的な視野に立ってトランスレーショナルリサーチを推進しようとしている
  3. 人間の健康や疾病に関わる問題を、広い視野で探索し、解決するための研究を展開しようとしている
  4. 研究によって、国内外の保健・医療・福祉分野・法医学の推進あるいは高度な教育・研究に携わる意思を持っている

履修方法

博士課程共通科目2単位、専攻内共通科目(「生命・医療倫理学」は必修、その他の科目は3単位以上選択必修)から4単位以上,「特別研究ゼミナール」を除く特別研究科目8単位、基礎科目4単位以上、専門科目2分野12単位以上、合計30単位以上を履修するものとします。ただし、他コースの専門科目を履修した場合は、2単位を超えない範囲で当該コースの専門科目の単位とすることができます。

※医療学コースには、上記以外に次のとおり臨床腫瘍学を研究する学問分野があります。

臨床腫瘍学の研究を希望する学生については、多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プランで選定された「全人的医療を行う高度がん専門医療人養成』プログラムの概要・特色(下記参照)」の分野について履修することが可能です。

  1. 臨床腫瘍専門医分野
  2. 放射線治療専門医分野
  3. 腫瘍専門外科医分野
  4. 及び

  5. がん専門薬剤師分野

なお、(1)~(3)の分野は医師免許、(4)の分野は薬剤師免許を取得していることが履修条件です。

(履修方法及び授業科目が他コースと異りますので、希望者は高知大学医学部・病院事務部学生課でご確認ください。)

『全人的医療を行う高度がん専門医療人養成』プログラムの概要・特色

本プログラムは、高度ながん治療の専門性を有すると同時に全人的医療を高度なレベルで実践できる人材を育成する中国・四国地方全域の大学院・がん診療拠点病院が連携した教育プログラムであり、各施設の特色と患者会との連携を生かして、ゲノム医療・高齢者・小児・希少がん・全人的医療の領域において高度なレベルで標準化された共通コアおよびe ラーニングによる域内統一カリキュラムを設計し、評価修正を行い、大学間連携と拠点間連携による大学、分野、職種を越えた専門職教育を行います。 また、英語教育と海外先進施設との連携により国際的に活躍する人材の養成とFD研修、地域医療機関との連携により在宅・緩和・高齢者がん医療に貢献する専門医療人の養成を行い、専門看護師(CNS)の高齢者・在宅医療リカレント教育と在宅看護・口腔ケア、栄養専門職の人材育成を行います。地域のがん啓発、教育を行いソーシャルキャピタルを形成するとともにミャンマー、台湾での人材育成にも貢献します。

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアムホームページはこちらから

全人的医療を行う高度がん専門医療人養成 プログラムの連携および運営体制

ここに画像がはいります。

研究指導教員及び主たる研究内容

研究指導教員 所属講座など 主たる研究内容 文系 理系
西原 利治 消化器内科学 自己免疫性肝疾患、非アルコール性脂肪肝炎、炎症性腸疾患、消化器癌の発生機構と治療
寺田 典生 内分泌代謝・腎臓内科学 腎疾患、腎機能の病態生理に関する研究と新規治療法の開発視床下部・下垂体・副腎皮質ホルモンの調節機構と病態に関する研究
藤本 新平 内分泌代謝・腎臓内科学 糖尿病におけるインスリン抵抗性に関する研究糖尿病におけるインスリン分泌障害に関する研究糖尿病の病態に関する臨床研究糖尿病における病態栄養学・療養行動に関する臨床研究
横山 彰仁 血液・呼吸器内科学 気道疾患及び間質性肺炎の病態解析と新規治療の開発新規バイオマーカーの開発
北岡 裕章 老年病・循環器内科学 心筋症の成因・病態及び動脈硬化と臓器障害に関する研究心不全の病態解明と予後改善の方策の研究
古谷 博和 神経内科学 脳血管障害、神経変性疾患の病態と治療に関する臨床研究。人工多機能性幹細胞の疾患バンクを用いた神経変性疾患の病態解析と治療薬スクリーニングの研究
佐野 栄紀 皮膚科学 乾癬における表皮角化細胞のシグナル伝達機構、表皮バリアーと免疫応答、皮膚発癌機構に関する研究
上羽 哲也 脳神経外科学 脳腫瘍の遺伝子解析並びに脳腫瘍幹細胞に対する治療法の開発脳卒中リスクの管理と治療法の開発および病態解明のための脳循環代謝について。脳卒中および頭部外傷後の高次脳機能障害に対する新規治療法の開発と病態解析
藤枝 幹也 小児思春期医学 小児難治性腎疾患の新規治療法の開発免疫抑制下におけるウイルス感染症の動態とその予防法の確立、臍帯血を用いた再生医療
(新任教員) 神経精神科学 エピジェネティクス機構からみた精神疾患の病態解明及び診断・治療法の開発脳機能構造画像法を用いた精神疾患の病態解明
池内 昌彦 整形外科学 運動器の痛みに関する基礎的及び臨床的研究、脊椎・関節疾患に対する新規治療法の開発、新しい人工関節の開発、リハビリテーション福祉機器の開発
前田 長正 産科婦人科学 再発と腫瘍免疫、エストロゲンと骨・脂質代謝、子宮内膜症における免疫学的応答、臍帯血幹細胞を用いた再生医療
福島 敦樹 眼科学 眼免疫疾患(自己免疫疾患、アレルギー)の発症機構の解析、新しい治療法の開発
兵頭 政光 耳鼻咽喉科学 嚥下障害に対する新規治療法の開発、音声障害の病態評価と治療、聴覚および平衡覚の機能調節メカニズム、頭頸部癌の病因に関する分子生物学的アプローチ
山本 哲也 歯科口腔外科学 口腔癌の病態解明及び新規診断・治療法の開発、口腔粘膜疾患の病因に関する免疫学的研究
横山 正尚 麻酔科学・集中治療医学 周術期脳機能障害の機序解明とその予防戦略、加齢と慢性痛の病態・治療に関する研究集中治療におけるEBMの確立
山上 卓士 放射線医学 形態画像、機能・代謝画像の研究インターベンショナル・ラジオロジーに関する研究、癌に対する放射線治療の基礎的及び臨床的研究
花﨑 和弘 外科学(外科1) 肝・胆道・膵癌の病態及び外科治療の研究
渡橋 和政 外科学(外科2) 安全性・確実性向上を目的とした術中画像診断、抗がん剤感受性に基づく治療ナビ、再建グラフトの灌流評価に関する研究
井上 啓史 泌尿器科学 泌尿器腫瘍の遺伝子解析による病態・機能解析光線力学技術に基づく新規診断・治療法の開発
松村 敬久 病態情報診断学 超音波検査を用いた臨床研究、H.ピロリ菌に関する基礎的研究、肺癌の発癌メカニズムに関する研究、血小板機能に関する研究
瀬尾 宏美 医療学(予防医学・地域医療学分野)【総合診療部】 医療人教育における能動的学習法の研究蘇生教育におけるインストラクターコンピテンシーの研究
仲 哲治 免疫難病センター 新規炎症マーカー分子LRGの臨床応用と機能解析、臨床検体のオミクス解析による免疫疾患関連分子の探索、新規癌抗原を標的とした抗体医薬品の開発および作用機序の解明
古宮 淳一 法医学 外傷病理、医原性損傷、内因性急死、法医産業労働衛生、認知症関連事故の予防医学、法遺伝学、法アルコール学
宮村 充彦 薬剤部 薬物動態学、天然物化学、天然資源の医療への応用、伝統生薬の薬理活性の検証
安田 誠史 医療学(予防医学・地域医療学分野) 高齢者の機能的健康の保持増進に関する疫学的研究生活習慣病予防に役立つエビデンスを構築する疫学的研究
菅沼 成文 医療学(予防医学・地域医療学分野) 職業性呼吸器病学、産業保健、環境医学、国際保健
小林 道也 医療学(医療管理学分野) 医療安全管理、内視鏡外科における安全管理、癌の化学療法と安全管理、感染対策

〔注〕○については、医学部医学科又は歯学部以外出身者の受け入れ可能を表します。

※ただし、文系については経済学系大学院の修士課程で計量経済学、医療経済学などを専攻し、数学的基礎を身に付けた学生に限ります。

博士課程の別コースをみる