EDUCATION

外科学「乳腺・内分泌外科学」

  1. HOME
  2. 教育
  3. 医学科
  4. 医学科講座・研究室一覧
  5. 外科学「乳腺・内分泌外科学」

研究室紹介

私たちは乳腺・内分泌外科学として乳腺疾患の診断・治療全般と甲状腺・副甲状腺疾患の手術治療を行っています。特に最近は乳腺疾患が中心になっており、乳癌の診断から手術、内分泌療法や化学療法などの術後薬物治療を行い、進行再発乳癌に対する集学的治療も行っています。多岐に渡る乳癌診療の中で、治療を受けながら生活する患者さんを様々な角度から支援できるように形成外科・放射線科などの診療科や、医師だけでなく看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなど様々な職種のスタッフが情報を共有して診療・ケアに当たっています。

また、遺伝性乳癌にも対応するために臨床遺伝診療部と協力し遺伝カウンセリングや遺伝子検査も行っており(一部保険外診療)、最近ではがんゲノム医療の実践にも取り組んでいます。

研究内容

臨床での疑問点・問題点を基礎的研究から発展・展開させ、臨床への新たな応用に繋げるトランスレーショナルリサーチを目指しています。具体的には以下のテーマに取り組んでいます。

  1. 色素と放射性同位元素を併用した乳癌センチネルリンパ節生検
  2. フルカラーとICG蛍光を同時取得できる新カメラシステムを用いた乳癌センチネルリンパ節生検法開発の研究
  3. 乳癌検診におけるデジタルマンモグラフィ遠隔診断の研究
  4. 乳癌術後の予後因子に関する研究
  5. 遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)の遺伝診療体制構築に関する研究
  6. 既知遺伝子変異のない家族性乳癌の原因遺伝子の探索的研究
  7. がんゲノム医療実推進のための研究

スタッフ紹介

役職名・所属 氏名 詳細
准教授(病院教授) 杉本 健樹 研究者総覧へ
助 教 沖 豊和 研究者総覧へ
特任助教 小河 真帆